スマートフォン解析

20代は優しく洗顔、刺激弱いの洗顔料を利用することを意識しよう!

年代別の肌悩み【20代】

20代の場合、まだ若いため、肌のトラブルを気にする必要がないのではないかと思われがちですが、20代だからこそ気を付けなければならないことがあります。

 

実際に、20代特有の肌の性質によって症状に悩まされている方々が多くいることが現状なのです。
そのため、原因を正確に把握した上で、適切にスキンケアしていく必要があります。

 

20代は皮脂の分泌量が多い?

ニキビに悩む女性

20代は年齢的に若く、皮脂の分泌量が多いことが特徴です。
皮脂がなくなってカサカサになってしまうより良いのではないかという見方もあります。

 

しかし、過剰に皮脂が分泌されると、その部分に黒ずみができニキビも発生しやすくなるのです。
20代の方は、こうした肌トラブルと向き合う必要があります。

 

乾燥肌と皮脂量の関係性

乾燥肌になると、肌は何とかして乾燥肌を改善させようとします。
その結果として、皮脂の分泌量が増加するのです。
その皮脂の増加によって新たな肌トラブルも発生するため、乾燥肌になると一種の悪循環が生み出されるのです。

 

そのため、20代の方としては皮脂の分泌を少しでも抑え、ニキビや黒ずみを改善させることでコンディションをより良く保つための努力が必要になります。

 

洗顔の仕方を変えて皮脂を抑える

皮脂が多く分泌されてしまう場合、洗顔方法を変えることにより改善が見込める可能性があります。
洗顔の際に強く顔をこすることで、無理やり皮脂を落とすと逆効果になります。
そのため、肌にダメージを与えないように、優しく洗顔するようにすると効果的です。

正しい洗顔方法はこちら

 

また、洗顔に使う洗顔料のチョイスも重要になります。
肌への刺激が強い洗顔料を使うと、乾燥肌の状態がさらに悪化してしまいます。
そのため、乾燥肌に適した洗顔料を使うことでなるべく刺激を抑えることが大切です。