スマートフォン解析

30代は血行促進・ビタミンCの補給・紫外線を浴びないことが重要です。

年代別の肌悩み【30代】

20代から30代になると、老化による肌の変化は敏感に感じ取るようになります。
年齢的に、大きなシワが発生するリスクは小さいですが、くすみやシミ等の症状は頻繁に発生する可能性があります。
そのため、日頃から肌へのリスクを小さくするための取り組みが必要になります。

 

くすみの原因は代謝が不安定になるため

年齢的な問題で、肌の代謝が不安定になる可能性があります。
代謝が不安定になると、肌を常に健康な状態に保つことが難しくなります。
そのため、くすみ等の症状が発生しやすくなるのです。
また、このくすみの症状は乾燥肌になることによっても引き起こされます。
そのため、30代で乾燥肌の方のリスクはそれだけ大きいということです。

 

シミの原因は紫外線を浴びているため

紫外線イメージ

30代を迎えてシミが増えたという方は、紫外線を浴びることが関係している可能性が高いです。
肌年齢が若ければ、紫外線浴びることによってメラニンが発生したとしても、代謝によって、その影響を小さくできます。
しかし、30代になって代謝の力が弱くなると、メラニン色素が溜まってしまうため、肌にシミができやすくなります。そのため、適切なケアが必要になるのです。

 

30代の方に必要なケア

大切なことは、くすみやシミの原因を把握して対策をすることです。
一般的に、くすみに対しては血行を良くすることで改善されることが多いです。
そのため、入浴の時間をしっかりとる等して血行改善に努めると効果が期待されます。

 

また、シミに対しては、ビタミンCが作用します。
体内に取り入れたビタミンCが、メラニン色素を緩和させるのです。
そのため、ビタミンCが多く含まれる食材を食生活に取り入れることが大切です。
また、日頃からシミの原因となる紫外線を浴びないために、日傘を差す等して対策することが重要です。