スマートフォン解析

きちんと睡眠をとることで肌の代謝を促す成長ホルモンが分泌されます。

睡眠の大切さ

乾燥肌になってしまう原因の一つが、睡眠不足です。
睡眠不足になると、肌の代謝を促進させるための成長ホルモンの分泌が悪くなるため、コンディションが悪化していきます。

 

この成長ホルモンの分泌量は、年をとるごとに少なくなっていくため、高齢になるにつれて肌のシワが増えたりするようなリスクが大きくなっていきます。
そのため、肌のコンディションを正常に保つためには、日々のスキンケアに加えて、適切な睡眠をとることが大切な要素になるのです。

 

大切なことは適切な時間帯に寝ること

単にたくさんの睡眠時間をとることだけが美容につながるわけではありません。
適切な時間帯に熟睡状態に入ることが大切なのです。
通常、成長ホルモンが多く分泌される時間帯は22時から2時までの間であるため、この時間帯に寝ておくことで、肌の代謝が促され乾燥肌を改善させられます。

 

ただし、睡眠が浅いと成長ホルモンが分泌されにくくなるため、きちんと熟睡できるように努める必要があります。

 

睡眠の際に意識すべきこと

睡眠をとる時間帯も重要ですが、どのような環境で寝るのかということも重要です。
肌に合わないような素材の服を着たり、毛布をかけたりして寝ると、寝ている最中に肌を痛めてしまうことにもなりかねません。
特に、乾燥肌の方にとっては刺激を強く感じてしまうため、朝起きた時に肌の痛みや痒み等の症状が現れてしまいます。
そのため、睡眠の際に身に着ける衣類にも気を配ることが大切です。

 

実践の積み重ねが乾燥肌を治すことにつながる

睡眠をとることも乾燥肌の改善に役立ちますが、大切なことは、乾燥肌改善に向けての取り組みを一つでも多く実行することです。
肌への保湿を心掛け、栄養をきちんと摂取しつつ、睡眠もとるというバランスの取れた生活が、肌のコンディションを良好に保つために必要不可欠なのです。
美容サプリなどで補うのも一つの手です。