スマートフォン解析

40代は筋肉量の低下、ヒアルロン酸の減少などが原因でたるみが気になり始めます。

年代別の肌悩み【40代】

40代に入ると、老化の症状が顕著に現れるようになります。
その症状の一つがたるみです。
頬にたるみが現れた場合、本来の年齢よりも老けて見られる可能性があるため、女性にとっては非常にマイナスになってしまいます。

 

そのため、たるみを解消させるためのケアを継続させることで、肌の若々しさを保つことが推奨されます。

 

ホルモンバランスの乱れや筋力の低下が問題

女性ホルモンによって、ヒアルロン酸やコラーゲンの発生を促し、ハリや艶のある瑞々しい肌を保つことを可能とします。
ところが、40代に入ってこの女性ホルモンのバランスが乱れ始めると、肌荒れになり、たるみが発生するようになってしまいます。
特に、ヒアルロン酸の発生量としては、赤ちゃんに比べると約半分にまで落ち込んでしまうのです。
そのため、肌の状態としては相当に深刻と言えます。
Decencia アヤナスなどのアンチエイジングに特化したスキンケアを使ってケアしていく事も大切です。

 

また、顔の筋肉が衰えることによっても、このたるみは発生します。
その理由は、皮膚を支える力が弱くなるからです。
また、顔全体に血液や栄養を行きわたらせることも、筋肉の役割です。
そのため、年齢による筋肉の衰えを抑えるための努力が必要になります。

 

健康的な生活でたるみを解消!

フェイスマッサージ

たるみを解消させるために効果的な方法の一つはマッサージです。
フェイスマッサージによって血液の流れを促進させれば、たるみの解消へとつながります。
自宅でもマッサージすることはできますが、現代はフェイスマッサージをサービス内容とするサロンも多くあるため、積極的に利用していくことも大切です。

 

また、二つ目の方法として、姿勢を正して生活することが挙げられます。
猫背で生活をしていると、顔の筋肉に強い悪影響をもたらします。
そのため、椅子に座っているときにも、常に背筋を伸ばした正しい姿勢を心掛けるようにすることで、たるみが解消できる可能性が高くなっていくのです。