スマートフォン解析

50代は抗酸化機能のアップと保湿ケアがとても大切になります。

年代別の肌悩み【50代】

50代に入った時の肌には、シワの症状がはっきりと現れるようになります。
また、シワ以外にもたるみやシミ等、あらゆる症状によって悩まされるようになります。
特に、乾燥肌の状態だと、保湿成分が欠如しやすくなることも特徴的です。
そのため、万全な保湿ケアが必要不可欠です。

 

50代の乾燥肌の特徴って?

乾燥肌の方が50代に入ると、体内で生み出されるコラーゲンやアミノ酸の減少によって、乾燥の影響をより受けやすくなってしまいます。
これらの成分はいずれも保湿のために必要なため、欠落することはマイナスになります。
また、分泌される皮脂量が減少してしまうことも大きな特徴です。
皮脂には保湿作用があるため、肌を乾燥から守るためにも必要な成分なのです。

 

さらに、50代になると活性酸素を分解して乾燥から肌を守るという抗酸化の力が衰えるため、環境の変化による影響を強く受けてしまい、乾燥してしまうのです。
この抗酸化の力については、20代の方と比べると半分近くまで落ち込んでしまうことが大きな特徴です。
50代になると多くの機能が低下するため、様々な手段を用いて肌を若返らせるための努力が必要になります。

 

保湿ケアに重きを置く

保湿ケア

50代に入ると、あらゆる保湿機能が失われていくため、スキンケアによって常に肌に潤いを与えられるように心掛ける必要があります。

 

そのため、コラーゲンだけでなく、セラミドやヒアルロン酸等、あらゆる保湿成分をしっかりと肌に与えることが重要になるのです。そのため、スキンケア商品の選択にはしっかりと気を配る必要があります。

 

また、老化によって衰えた抗酸化の力を取り戻すため、抗酸化物質が多く含まれたアボカドやバナナ、ブルーベリーやミカン等の食べ物を食生活に取り入れることも効果的です。
あらゆる角度からの美容に取り組むことで、50代でも若々しさを保てるようになります。