スマートフォン解析

正しい紫外線対策をして乾燥肌を悪化させないようにしましょう

紫外線対策

日焼け対策をする女性

普通肌であっても乾燥肌であっても、紫外線は肌に悪影響を与えますから防がなくてはなりません。

 

日焼け止めクリームの種類によっては乾燥肌を悪化させる恐れがあるので
気をつけなくてはなりません。

 

乾燥肌の場合、外部からの刺激を受けやすい状態になっているので、
紫外線を浴びないようにすることは大事なことですが、その為に使う日焼け止めクリームの中には、乾燥肌をひどくするような成分が含まれているものもあるのです。

 

 

日焼け止めクリームには大きく分けて2種類あります。

  • クリームが紫外線を吸収して紫外線が肌に浸透するのを防ぐ紫外線吸収剤が含まれているタイプ
  • クリームが紫外線を反射し散乱させる紫外線散乱剤が含まれているタイプ

 

紫外線吸収剤が含まれているタイプ

紫外線を遮る効果が高い分、肌に悪影響を与える恐れが大きい

 

紫外線散乱剤が含まれているタイプ

強い太陽光のもとでは、あまり効果はないが、肌への負担は少ない

 

と言われていますが、紫外線散乱剤は皮脂や水分を吸収するので、直接乾燥の原因になることもあります。

 

紫外線散乱剤の他にも、合成界面活性剤合成ポリマーなど肌を乾燥させる成分の含まれた日焼け止めクリームは乾燥肌の人は避けた方が良いでしょう。

 

また、日焼け止めクリームには、汗や水でクリームが流れ落ちてしまわないように、セルロースやアルリル酸などの成分を配合して肌に強力に定着するように作られているものもあります。

 

これらの成分は、肌の呼吸を妨げて肌に負担をかけるだけではなく、効き目の強いクレンジング剤を使わないと、肌から取り除くことができません。

 

効き目の強いクレンジング剤は肌への負担が大きく、乾燥も進行させてしまうので、
乾燥肌にとって最も避けたい化粧品の一つです。

 

強い太陽光のもとで、長時間過ごさなければならないよう場合以外には、クレンジング剤を使用しなくても、日常的に使用している洗顔剤で落とせるような軽いタイプの日焼け止めクリームを選ぶようにしましょう。