スマートフォン解析

唇の乾燥に最適なワセリンと蜂蜜で潤いを与える

ワセリンとハチミツで乾燥対策

乾燥した状態の唇を放っておくと、カサカサになり少し笑っただけでも切れてしまった。

 

そんな経験はありませんか?

 

また、唇が乾燥してカサつきて皮がめくれると、とても気になるものです。
唇には皮脂腺が少なく、また、角質層もとても薄いので実はとても乾燥しやすい部位です。

 

もし、荒れてしまったときは、無理に皮をこすってむしったりしないことです。
なめて潤すなんて思っている方も多いようですがなめるのもいけません

 

乾いた唇にはリップクリームを使うのも良いですが、たっぷりのワセリンで保湿する事がおすすめです。さらにワセリンとハチミツを半々に混ぜたものを唇に塗って、上からラップでおおってパックするとなおいいです。

 

はちみつイメージ

ハチミツは粘膜の荒れに有効です。

 

パックでふやけたところでめくれた皮をそっと取ると綺麗に取れます。
乾いた唇には口紅よりもグロスのほうがうまくつくので、グロスを使う人も多いですが、このグロスはかえって唇を荒らすことがあります。

 

口紅は、乾燥肌に適したものであればあまり肌を荒らしません。
リップクリームを塗った上から口紅を重ねるとなおいいです。

 

口紅を落とすときは、オリーブ油で、こすらないように落とします。

クレンジング料や石けんは唇につかないようにしてください。
唇の乾燥は冬場だけの様な印象を持っている方が多いようです、一年中唇も乾燥します。

 

肌の乾燥を気にするのはもちろんですが、唇への意識も是非この機会に高めて頂きたいと思います。

お風呂でパック

芸能人も実践しているという“お風呂でパック

 

なぜ入浴後より入浴中の方がいいのでしょう?

それは、入浴中は血行がよくなるため毛穴が開き、美容成分が肌にしっかり浸透してくれるからです。お風呂の蒸気とぬくもりがその浸透を助長してくれるんですね。
今回はお風呂で出来るお手軽パックをいくつかご紹介します♪

 

シートマスク

一番手軽でやっている人が多いのが「シートマスク」です。
入浴しながら市販のシートマスクを顔に乗せるだけ!
使用するまえにシートマスクを少し温めておくと効果的らしいです。

 

馬油

馬油を塗って10分間放置します。洗い流してもいいし洗い流さなくてもOKだそうです。
特に乾燥が気になる時には効果的なパックです。

 

乳液

洗顔をした後に、普段使っている乳液を通常より多めにつけ15分程放置します。
気にならない方は洗い流さなくても大丈夫です。
毛穴や乾燥が気になる時のスペシャルケアパックです。

 

はちみつ

洗顔をして顔を清潔にした後に水気を取りはちみつを塗ります。
約5分後に洗い流します。
肌がもっちりなると評判のパックです。

 

色んなパック方法がありますが、どれも簡単にできるものばかりです。
半身浴をしながらパックをするだけで綺麗になれちゃうって素敵ですね☆
是非試して見てください。