スマートフォン解析

正しい洗顔で肌を清潔に保つ習慣をつけよう

スキンケアで忘れてはいけないのが「洗顔」

たくさん保湿をしても、丁寧にマッサージをしていても、この洗顔が間違えていると効果は薄くなってしまいます。

 

私は毎日朝晩かかさずに洗顔料で汚れを徹底的に落としているから大丈夫

 

そう思っている方は、確実に自分の肌にダメージを与えていることでしょう。

 

洗いすぎてしまうと肌の水分が減っていき、乾燥肌になることもあれば、
肌を守ろうと皮脂が大量に分泌されて、オイリー肌になってしまうこともあります。

 

逆に顔を洗っていない場合はというと、当たり前ながら汚れは溜まっていく一方になります。
ニキビなどの肌トラブルの原因になるので、こまめな洗顔は必要です。

 

 

正しい洗顔方法を知って、肌を清潔に保ちましょう。

  1. まずはいきなり顔を洗う前に、手が汚れていると洗顔料の泡立ちが悪くなる恐れや、

    顔に雑菌が付着していまうことを考えて、手を綺麗に洗います。

  2.  

  3. 夜はメイクを落とすためにクレンジングを使い、顔をすすぎます。

    洗顔時の水温はひと肌がベストです。お湯も冷水も肌を傷める原因になります。

  4.  

  5. その後、しっかりと泡立てた洗顔料で顔を洗います。指先は顔に触れず、

    泡だけで洗うイメージで洗いましょう。
    これで余分に分泌された皮脂や、肌に付着した汚れもスッキリととれます。

  6.  

  7. 夜にしっかりと汚れを落とした翌日の朝は、水だけの洗顔で十分汚れは落ちていきます。

    洗顔後には、必ず保湿をしましょう。

水分蒸発を防ぐ保湿パック

乾燥肌の方へおすすめするのは、保湿パックが一番です。

 

最近は美容液をしみ込ませたシート状のパックが主流のようですが、
昔からある肌にのばすと石膏状に固まる保湿パックがおすすめです。

 

固まるタイプの保湿パックのよさは、
肌の表面から水分の蒸発を完全に遮断できるとこです。

 

パックで表面を覆うと、体の奥から上がってきた水分は肌表面から蒸発しないので、角質層にいきわたります。その結果、しっとりとした潤い感に満たされた肌になります。

 

一方、シート状のパックだと、水分はシートの表面から蒸発していくので、肌の奥までしっかりと水分を送ることができません。

 

ですから、もしシート状を使うのなら、シートの上をラップなどで覆って、水分の蒸発を防ぐようにするといいです。

 

ですが、あらかじめ化粧水などを含ませてあるシート状のパックは比較的刺激が強く、
かぶれなどのトラブルを起こすこともあるのでご注意ください。

 

極度に乾燥して敏感になった肌には、固まるタイプのほうが安心です。
肌が乾くと角質が厚くなって硬くなり、美容液などの保湿成分も浸透しにくくなります。
これでは、メイクのノリも悪くなるばかりです。

 

乾燥した肌のレスキューには、固まる保湿パックを試してみてください。