スマートフォン解析

洗顔方法を変えただけでもあなたのお肌は変わる

乾燥肌のデイリーケア

クレンジング

メークをしているときはまずはクレンジングです。
ファンデーションなどの油性の汚れが肌に残ったままだと肌荒れの原因になるので、
その日のうちにきちんと落としましょう。

 

①クレンジング剤を肌にのばす
アイラインやマスカラなどの落ちにくいメークは、専用のリムーバーで落とします。
その後、クレンジング剤を適量手に取り、顔全体に伸ばしてメークとなじませます。

 

②メークが浮いたらよく洗い流す
メークが浮いてきたら、ぬるま湯か水で十分に洗い流します。
メークをしっかり落とそうと肌をこすりすぎたりしないように注意しましょう。
指先にほとんど力を入れずにそっと落とすのがポイントです。

 

 

洗顔

一日の肌の汚れや古い皮脂を洗い流し清潔にします。
洗顔はとても重要で、正しい洗顔方法をしないと肌荒れを招くこともできます。
肌にやさしい洗顔方法を身に着けましょう。

 

①顔全体を軽くすすぐ
最初にぬるま湯か水で数回すすぎ汚れをざっと流します。

 

②洗顔料を泡立てる
手を洗って清潔にしてから、洗顔料を適量とって、手のひらでよく泡立てます。
途中で少量の水分を足すと泡立てやすくなります。泡立てネットなどを使ってもOK!
※ペースト状の洗顔料を手に取ったあと、ほとんど泡立たないうちに肌に伸ばすと肌荒れの原因になります。

 

③皮脂の多い部分から洗い始める
おでこや鼻周辺のTゾーンは、顔の中でも皮脂が多く汚れやすい部分です。
洗顔するときはこの部分から洗い始めましょう。

 

④顔全体をさっと洗う
洗顔料の泡を顔全体に広げて泡で顔を包み込むような感じで洗顔します。
時間にして10~15秒程で十分です。
洗いすぎは肌の乾燥を招くので注意しましょう。

 

⑤十分にすすぐ
ぬるま湯か水で洗顔料をよくすすぎます。
すすぎ残しのないようにすみずみまで洗い流してください。
すすぐときも肌をこすったりしないようにしてください。

 

⑥清潔なタオルでそっとふく
清潔なタオルで肌の水気をとります。
ふくときはタオルで肌をゴシゴシこすらないように肌を軽くおさえる感じで。
また、タオルは洗剤や柔軟剤が残っていないものを使いましょう。

 

 

化粧水

洗顔後の肌に水分を与えることで、角質層の乾燥を防いでみずみずしく保ちます。
化粧水はさっぱりタイプからしっとりタイプまで自分の肌にあったものを使いましょう。

 

①化粧水を手のひらにとる
化粧水を適量、手のひらにとります。
コットンに含ませる方法もありますが、コットンの細やかな繊維が肌に残ってしまうことがあるので手でつけたほうがよいでしょう。

 

②顔全体にそっとなじませる
化粧水を顔全体につけて、手で肌を包み込むようになじませます。

 

 

保湿剤

肌力を回復するために欠かせないのが、保湿剤をぬることです。
肌表面に油分の膜をつくることで角質層の水分が蒸発するのを防ぎ、乾燥から肌を守ります。

 

①保湿剤を手に取り、顔全体につける
顔全体にやさしくなじませます。
Tゾーンはベタつくけれど頬などは乾燥するという人は、カサつく部分だけにつけてもOKです。

 

②乾燥がひどい部分には、さらに保湿剤を重ねづけ
顔全体に保湿剤をつけてもカサつく場合には、その部分に重ねづけしましょう。
顔の部位によって量を調節することも必要です。
※日中カサつきがきになっても「メークしているから」とそのままにしている人も多いでしょう。
しかし、メークと保湿剤が混ざっても問題ありません。メークの上から保湿剤をぬればいいのです。