乾燥肌スキンケア対策で見た目年齢を若くしよう

「素肌美人」という言葉が一時期大流行しました。
女性であればスキンケアに関心がない人はいないのではないでしょうか?

お肌の曲がり角と呼ばれる時期があるように、年齢によって肌質は変わってきます。

悩んでいる女性


「今までと同じスキンケアなのに肌がカサカサする」

「肌にツヤがなく疲れて見える」

「ファンデーションのノリがよくない」

これらが当てはまる人は肌が乾燥しているかもしれません。


カサついている肌は見た目年齢を上げてしまいます。
口コミで人気の乾燥肌スキンケアをご紹介しますので、まずは保湿をする事から初めてみましょう。

Decencia アヤナス

アヤナス商品バナー

Decencia アヤナスの特徴

乾燥肌特有の「枯れ肌」を防ぎハリ・弾力のある肌に! 乾燥肌対策にエイジングケアが同時に行える優れものです。 バリア機能で刺激や水分の蒸発を防いで角層のすみずみまで徹底保湿してくれます。 気になる香りですが、合成香料不使用で保湿効果・リラックス効果のある天然植物成分のみを使用しています。 いい香りでリラックスしながらお肌に潤いを与えてあげて下さい。

価格 2,160円1,480円(税込)
評価 評価5
目的 乾燥・敏感肌
富士フイルム ルナメア

富士フイルム ルナメア商品バナー

富士フイルム ルナメアの特徴

疲れが溜まっている・肌の黒ずみが気になる…という様に、肌の調子がイマイチな方、元気な素肌を取り戻したくありませんか? ルナメアは肌のダメージをやさしくオフし、角質までたっぷりうるおいを浸透してくれます。 角質クリア美容液で古い角質を取り除き、化粧水でうるおい成分を浸透、最後に乳液がダメージからお肌を守りしっとりをキープするという3ステップですっぴんにも自信が持てる肌へと導きます。

価格 1,410円(税別)1,000円(税別)
評価 評価5
目的 乾燥、肌荒れ、毛穴の黒ずみ
サイクルプラス

サイクルプラス商品バナー

サイクルプラスの特徴

即効性に優れた水溶性ビタミンC誘導体と浸透性に優れた油溶性ビタミンC誘導体が合体した、新しいビタミンC誘導体・APPSが最高の状態で使えるのはサイクルプラスだけ! 肌の奥の奥まで潤いを届け、キメ・ハリ・美白の効果を与えてくれます。 初めての購入はAPPS化粧水にクレンジング・洗顔・乳液・クリームのサンプルがついた豪華トライアルセット。今ならなんと半額以下でお届けです!

価格 2,800円(税別)
評価 評価4
目的 保湿・ハリ・くすみ・毛穴
草花木果 ハリ肌スキンケア・ゆず

草花木果 ゆず商品画像

草花木果 ハリ肌スキンケア・ゆずの特徴

草花木果 ゆず商品画像 普段、乾燥やハリ・弾力がないとお悩みの方におすすめ! この「ハリ肌スキンケア(ゆず)」はゆず種エキスが配合されています。 ゆず種エキスはみずみずしいハリのある肌にしてくれ、肌のめぐりにもいいと言われています。 それに加えコラーゲンとヒアルロン酸を配合しているので外的にダメージに強い肌へと変えてくれます。 スキンケアだけに頼るのではなく、自分の肌の持つ保湿力を高めてくれる商品です。

価格 1,296円(税込)
評価 評価4
目的 乾燥・ハリ・弾力



乾燥肌の仕組み

角質層の水分が減ってしまうと肌が乾燥して、乾燥肌になってしまいます。

 

乾燥肌になると、肌の表面がもろくなってしまうので肌がカサカサになり、
症状がひどくなると、白い粉を吹いたような状態になってしまいます。

 

 

それでは角質層の水分が減ってしまうのはどのような原因によるものでしょうか?

エアコン

健康な肌の表面には皮脂膜があり、気温の変化、エアコンなどの風、紫外線などの外部から受ける刺激から角質層を守るとともに、肌の内部から水分が失われるのを防いでいます。

 

乾燥肌になる原因の一つは、
皮脂の分泌量が減ることにより、皮脂膜が薄くなってしまうことです。

 

皮脂の分泌量は、加齢により減少していきますが、
それ以外にも、エアコンの風冬の乾燥した冷たい空気などによっても減少していきます。

 

その為、外部の刺激から肌を守る、水分を肌の中に留めるといった皮脂が本来果たすべき役割を果たせなくなってしまうために肌が乾燥してしまうのです。

 

皮脂膜が機能しなくなると、皮脂膜の下にある角質層の保湿ができなくなります。

 

角質層には、天然保湿因子細胞間脂質があります。

 

天然保湿因子は、取り入れた水分を角質層に留める働きをし、細胞間脂質は角質細胞同士をつないで、隙間をなくし、水分が失われるのを防ぎ、外部からの刺激を遮断しています。

 

しかし加齢や体調、紫外線などの外部からの刺激によって、新陳代謝が正常に行われなくなると、天然保湿成分が分泌されなくなるとともに、細胞間脂質の働きが悪くなるので、角質層の保湿が保たれなくなって、乾燥してしまいます。

 

肌には本来肌を守るため保湿をしておく能力が備わっているのですが、加齢や間違ったスキンケアによって肌を守るための機能がうまく働かない状態にしてしまうのです。

 

なぜ、乾燥肌になってしまうのかということを理解すると、スキンケアも適切に行えるようになります。

全身の乾燥肌ケアにも意識を向けて綺麗になろう

お風呂で皮脂を取り過ぎない

熱いお湯に使って本を読んだりしている人もいますが、長湯は皮脂が失われて乾燥肌の原因となります。

 

お風呂

肌のうるおいのためには、ぬるめのお湯(38℃~39℃)に10分程度にしておきましょう。

 

冷えが気になる人は、お湯に岩塩を入れたり、ローズマリーやマジョラムの精油を数滴たらすといいでしょう。保湿効果が高いので適度な入浴時間でも芯からあたたまります。

 

 

湯上りには保湿剤を塗る

皮脂の少ない腕や脚などはとくに乾燥しやすい部分です。
お風呂から上がったらすぐにボディローションクリームなどの保湿剤をぬって乾燥から肌を守りましょう。

 

湯上がり直後の肌に水分が少し残っているうちにオイルを薄くぬると、肌の水分の蒸発を防げます。
肌に刺激が少なくなじみのよい、マカダミア油やアーモンド油がおすすめです。

ストレッチ

 

お風呂で温まったあとにストレッチをすると寝つきをよくし、ぐっすり眠れます。

 

美人は寝ている間に作られる」というように、眠っている間に皮膚は傷ついた肌を修復するのです。

 

寝る前に仕事やゲームをすると、脳が興奮して眠れなくなることもあります。寝る前1時間は好きな音楽を聴いたり、家族との会話を楽しんだりのんびり過ごすと、
リラックスした気分で眠りにつけるでしょう。